シミを隠す メイク

MENU

メイクで美白!自然にシミを隠す美白メイクの方法とポイント!

シミの改善には時間がかかるので根気よくシミケアを続けないとシミはなくなりません。

 

高額なクリニックなどで治療すれば即効性はありますが、なんか怖いし、高いし。

 

それでも「すぐにシミをなくしたい」「とりあえず見えなくしたい」って女性ならみんな思いますよね?

 

そして行き着いたのが「メイクで隠す」です(笑)

 

ただ、メイクでシミを隠すといっても自然な感じで隠すにはテクニックが必要なんですよね〜

 

厚化粧のおばさんみたいに、いかにも隠しましたってなったら意味ないですからね(笑)

 

今回は出来るだけナチュラルにシミを隠すメイク、美白メイクのコツを調べたので紹介させてもらいますね♪

 

美白メイクで絶対にやってはいけないこと

自然な美肌を手に入れる美白メイクで絶対にやってはいけないことは、ベースメイクの厚塗りです。

 

ファンデーションなどを厚く塗りすぎると肌の透明感がなくなってしまいますし、シワも目立ってしまいます。

 

ですので厚塗りしなくてもシミを隠せるベースメイク選びが大事なポイントです!

 

シミ隠しに最適なベースメイク

ファンデーション

シミを隠したいお肌には、保湿力の高いクリームタイプのファンデーションがおすすめ♪

 

サラサラしたものより粘度が高いほうがシミのカバー力が高い。テクスチャも硬めのほうがシミは隠しやすいですよ。

 

BBクリーム

時短メイクに最適な、下地として使えるファンデーションクリーム。

 

最近の人気は美容クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどの機能が一つになった「オールインワン」のBBクリームです。

 

高いカバー力のBBクリームを選べば厚塗りを防ぐことができます。

 

シミ隠しには最適なベースメイクだと思います。

 

コンシーラー

隠したいシミの範囲によって選びましょう。

 

ピンポイントのシミを隠したい時はスティックタイプ。広範囲のシミを隠したい時はクリームタイプがおすすめです。

 

なかでも色の濃さの違う何色かがセットになっているパレットタイプのクリームがイチオシです。

 

隠したいシミのタイプはどっち?

シミには大きく分けて2種類あります。隠したいシミの種類でメイクの方法も少し違いますよ。

 

広範囲に広がるシミ

シミウス,効果,口コミ,評判,評価

カバー力の高いテクスチャーの硬めのBBクリーム、ファンデーション。

 

キレイに仕上げるコツは顔の中央から外側にベースメイクを広げて行きましょう。

 

顔の外側に行くほど自然と薄くなっていくので厚塗り感が無く自然な仕上がりになります。

 

ポイントのシミ

シミウス,効果,口コミ,評判,評価
伸びの良いテクスチャーのファンデーション・BBクリームを塗った後にコンシーラーをピンポイントで使います。

 

キレイに仕上げるコツは、広範囲の時と同様に顔の中心から外側に向けてBBクリームやファンデーションを塗ります。

 

次にシミと肌色の間くらいの色味のコンシーラーを選びましょう。

 

シミ部分にピンポイントで少量をのせたら、指で軽く叩いてなじませましょう。

 

化粧崩れを予防してシミゼロメイクを長持ちさせるコツは

  • メイク前にしっかり保湿をして乾燥対策をしておくこと
  • 最後にパウダーで軽く抑えて肌にメイクをなじませておくこと

 

崩れてしまった時の化粧直しのコツは

  1. 余分な油分をティッシュなどで軽く抑えて取り除きます
  2. 隠したい部分に柔らかめのコンシーラーをのせて指でトントンなじませます。
  3. 目立たなくなってきたらパウダーで押さえましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はキレイにシミを隠すメイクの方法をまとめてみました。

 

シミの改善にはどうしても時間がかかってしまうのでメイクの腕を上げることも大事ですね(笑)

 

でも、やっぱり根本のシミを改善するために日々のシミケアをしっかりすることが大切です。

 

メイクの腕が上がってもシミは無くならないですからね。

 

隠さなくても良いすっぴん美肌への夢はあきらめちゃダメですよ!!

 

私は、あきらめないでちゃんとケアすれば良い結果になるって信じて、毎日頑張ってます!

 

この毎日のひと手間が1年後、5年後、10年後に大きな差になってるんじゃないかなって思ってます。

 

今はシミウスの薬用ホワイトニングリフトケアジェルを使ってます♪

 

使ってみた感想とビフォーアフターの写真を載せてるので読んでみてください!

 

シミウスの効果とビフォーアフター写真