シミ コンシーラー

MENU

シミをカバーしてくれるコンシーラーの種類と注意点

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

気になるシミやほくろをパッと隠せるコンシーラー。メイクをするときの必需品ですよね!

 

実はこのコンシーラー、たくさん種類があるってご存知でしたか??

 

今回はコンシーラーの種類や使い方を紹介していきます♪

 

今後のメイクの参考にしてみてくださいね♪

 

コンシーラーの種類

コンシーラーと一言でいっても、そのタイプは4つに分かれます。

 

場面によって使い分けることで、コンシーラーの効果をより引き出すことができるんですよ。

 

リキッドタイプのコンシーラー

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

使ってる人が一番多いのがこのリキッドタイプのコンシーラーだと思います。

 

伸びが良くて、塗り心地も柔らかいので薄く伸ばして使いやすいです。

 

大きめのシミや目の下のクマなどの広範囲に使用する時に適しています。

 

リキッドファンデーションに似ているのでハイライト代わりや、化粧直しにも使えます。

 

スティックタイプのコンシーラー

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス
スティックタイプのコンシーラーのテクスチャは固めなので、小さなシミやニキビの跡をピンポイントでカバーするのに適しています。

 

厚く塗りすぎると逆に目立ってしまうので要注意。

 

ファンデーションの前後、どちらでも使うことができます。

 

ペンタイプのコンシーラー

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

基本はスティックタイプと同じですが、さらに先が細くなったペンタイプ。

 

ほくろなどの小さいシミを集中的に隠すために使います。

 

クリームタイプのコンシーラー

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

クリームタイプのコンシーラーはリキッドタイプよりも、さらに伸びが良くて馴染みやすいので使いやすいです。

 

ただし、リキッドタイプと比べるとシミをカバーする力は弱いので、濃いシミやほくろには使えません。

 

皮膚の薄い目元などは柔らかいクリームタイプがおすすめです。

 

コンシーラーって肌にとってどうなの?

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

コンシーラーは塗るだけで、シミとかクマが隠せる便利な化粧品です。

 

シミやほくろに悩む女性には欠かせないアイテムです。

 

ただ、便利なコンシーラーも欠点があります。

 

それは、「お肌への負担がかなり大きい」ということです。

 

当たり前のことですが、コンシーラーはただの化粧品なので、シミやクマを消してくれる作用は一切ありません。

 

ただでさえ、肌への負担がかかるメイクなのに、さらにコンシーラーを塗って負担を書けてしまいます。

 

できれば、一時しのぎのコンシーラーを使わないようにするのが理想です。

 

 

じゃぁどうすればいいの?って思いますよね。

 

「シミを薄くする努力も必要」

シミ,コンシーラー,シミケア,シミウス

えっ?そんなコト?って思いましたか?(笑)

 

でも、ほんとにそうなんです。

 

每日、ちゃんとシミを薄くする努力をする必要があります。

 

 

美容整形やエステで短期間にシミを消そうと思えばたくさんのお金がかかります。

 

でも、医薬部外品のシミケアアイテムを使えば時間はかかるけど、徐々にシミは薄くなります。

 

もちろん、シミの種類や、肌質なんかで効果にはばらつきがありますが、何もしないよりは確実に良くなります

 

私のおすすめはシミウスです。

「シミトリー」「シミウス」悩んだんですが「プラセンタエキス」のシミに対する効果を、前にテレビ番組で見てから気になってたんです。

 

なので、今はプラセンタエキス配合のシミウスを使ってます

 

興味のある方はビフォーアフター写真と一緒にレビューしてるので見てくださいね♪

 

シミウスの効果とビフォーアフター写真⇒