日焼け止め 効果

MENU

【シミ対策】日焼け止めの種類と効果の違い

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

日焼け止めって種類がたくさんあるし、表記のしかたも「PA」だったり「SPF」だったりと、イマイチ選び方が良くわからないですよね?

 

だからと言って、テキトーに選んじゃダメ。

 

それぞれの特徴や効果をちゃんと理解してから購入しないと、肌トラブルの原因になるかも。

 

そこで、今回は日焼け止めの種類や効果の違いをお伝えします。

 

日焼け止めには2種類の効果がある

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

薬局などで日焼け止めを見ると「SPF50」とか「PA+++」みたいな変な記号がかいてありますよね?

 

「数字が大きいほうがなんとなく良さそうだな」ぐらいのイメージじゃないですか?(笑)

 

まずは、意外と知らない人が多い「SPF」と「PA」の違いを説明します。

 

PA(UV-A防御指数)

PAは「Protection Grade of UVA」の略で紫外線A波をカットする能力のことで「UV-A防御指数」とも呼ばれます。

 

あとで、詳しく説明しますが、紫外線にはA波とB波があります

 

紫外線A波は、晴れの日だけじゃなくて、くもりの日も1年中降り注いでいます。

 

おまけにガラス越しからも「シミ」などの老化現象を引き起こすやっかいな紫外線です。

 

肌表面の日焼けというよりは内部に蓄積されて悪影響を及ぼすイメージです。

 

そんな紫外線Aをカットする能力が「PA」です

 

「+」の数が多いほうが紫外線をカットする能力が高いということになります。

 

数値の目安は下記を参考にしてください。

  • PA+:日常生活、買い物などの軽い外出
  • PA++:屋外での軽い運動、レジャーなど
  • PA+++:炎天下での運動、マリンスポーツなど
  • PA++++:すぐに赤くなる敏感肌の人、特に紫外線の強い場所に行く時

 

ただし、肌表面の日焼けに対する効果ではないので、目に見えて効果を体感するのは難しいです。

 

でも、未来のシミやしわ対策には必要な効果なのでしっかりケアしましょう。

 

SPF(紫外線防御指数)

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、「紫外線防御指数」と呼ばれています。

 

これは「紫外線B波」をどれだけカットできるかを表した数値です。

 

紫外線B波は表面的な日焼けの原因となる紫外線でB波の影響で日焼けして赤くなったり、ヒリヒリしたりします。

 

SPFの数値は簡単に言うと「日焼け止めの効果を持続する時間を何倍に伸ばせるか」を表しています。

 

ややこしいですよね?ハッキリ◯◯分って書いてくれれば良いのにって思います(笑)

 

要は、一般的に日焼け対策を全くしていない肌に、紫外線Bをあてると約20分で日焼けの症状が現れます。

 

「SPF2」と書かれていれば「約40分」、「SPF10」と書かれていれば「約200分」日焼けを防ぐ事ができるという意味です。

 

数値の目安は下記を参考にしてください。

  • SPF10〜20:日常生活、買い物などの軽い外出
  • SPF20〜30:屋外での軽い運動、レジャーなど
  • SPF30〜50:炎天下での運動、マリンスポーツなど
  • SPF40〜50:すぐに赤くなる敏感肌の人、特に紫外線の強い場所に行く時

 

「PA」と「SPF」の数値が高い物がBESTなの?

PAとSPFの意味はわかったけど、「それならどっちも数値の高い方を買えば良いんじゃない?」って思いますよね?

 

でも、紫外線を防ぐ力が強いとお肌へのダメージも強くなってしまうんです。

 

なのでバランスを考えて使い分ける事がベストです。

 

紫外線A波の特徴と対策

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

紫外線A波はB波と違って、浴びたからすぐ日焼けや赤みの様な症状は出ません。

 

でも、A波は肌内部に蓄積してコラーゲンを破壊してしまうため、シミやしわの原因になります。

 

たちの悪いことに、曇でも真冬でもガラス越しでもガンガン降り注いでお肌を攻撃します。

 

なので、1年中対策した方が良い紫外線です。

 

冬場はPA+、PA++などの効果が穏やかなもの、春先から夏にかけてはPA+++やPA++++といった効果の強いものと使い分けるのがいいでしょう♪

 

紫外線B波の特徴と対策

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

紫外線B波は、日焼けの原因となる紫外線でシミやそばかすの原因にもなります。

 

A波より症状が出るのが早く表面的な影響が大きいです。

 

B波は衣類や防止、日傘などである程度ブロックすることができますが、完璧に防ぐことはできません。

 

とくに日焼けが気になる季節は日焼け止めが必要になってきます。

 

夏の強い日差しの中で一日中外出している時はSPF50以上の日焼け止めがおすすめです。

 

日常的な生活でしたら、SPF10程度のものでも大丈夫です。

 

SPF(紫外線防御指数)の注意点

SPFの数値には注意点があります。

 

例えば「SPF50」の日焼け止めは、理論上は約16時間の効果が期待できます。
(日焼けの症状が出るまでの時間が日焼け対策をしない時の50倍なので20分×50で約1000分)

 

じゃぁSPF50以上の日焼け止めを塗っておけば一日中、紫外線を防いでくれるんだって思いますよね?

 

でも、現実はそんなに甘くないんですよ。

 

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

日焼け止めは汗や皮脂で取れてしまうので、2時間おきぐらいに塗ることを進められています。

 

なので16時間効果があるのかどうかの判断はすごく難しいんですよね。

 

また、SPFの数値が高いほどお肌への負担は大きく、毛穴トラブルや肌荒れの原因になることもあるので、SPFの高いものよりも、程々のものをこまめに塗った方が肌への負担は軽減できると思います。

 

 

でも正直、2時間おきに日焼け止めなんて塗れますか?(笑)

 

お化粧だってしてるし、なかなか現実的ではありませんよね。

 

全ての紫外線を完璧に防ぐというのは難しいと思います。

 

カバーしきれない紫外線ダメージは・・・

日焼け止め,効果,種類,シミケア,シミウス

私は、カバーしきれなかった紫外線ダメージはシミケアクリームでケアしてます。

 

私が愛用しているのは「シミウス」という定番の人気商品です。

 

もともと、頬のシミが気になって使い始めたんですが、有効成分などを調べていると紫外線ダメージに効果的なプラセンタエキスが配合されていたので、継続して使っています

 

私のビフォーアフターやレビューを記事にしてるので興味のある方は読んでみてくださいね。
シミウスの効果とビフォーアフター写真⇒